死にたくなった時にみるカオスなギャグアニメ・動画 おすすめ3つ+1つ

人生に絶望した。

もう死んでしまいたい。

負のスパイラルから抜け出せない。

なにも心に響かなくて動かない時、

心が死んでしまった時、

感動映画に浸って枯れるまで泣いても回復しなくて、

逆にさらにダメージをうけてしまった時、

そんな時はどうすれば・・・

いっそのこと、しばらく忘れていた笑いを思い出してみると良いかもしれません。

悩んでつらい時はカオスなアニメの方がよいかもしれません

あまりにもつらすぎて、感動することすらつらくて、

息するのもつらすぎる…。

つらい気持ちに寄り添う作品も良いですが、

それも効かずに、さらにダメになった時はカオスな内容のアニメ、しかもカオスなギャグアニメの方がいっそ楽になるかもしれません。

カオス過ぎて今悩んでいることがたいしたことに感じなくなったり、まったく消えなかったとしても、なんだか生や死について考えるのがどうでもよくなってしまう作品。

まじめに生きることをあきらめるほどカオスな内容。

そのカオスな内容の中に、強調されない程度に感動もあり、今考えていることから少しだけ離れることができる。

悩んでいることから少しだけでもいったん解放されそうな、

そんなアニメを今までみた中から「適当」に3つ+1つ選んでみました。

※この記事の内容にネタバレを含みません。

①ヒナまつり

サイキック能力をもった、どこかの世界から飛ばされてきたヒナと、堅気ではない新田(にった)との生活を描いたアニメ「ヒナまつり」

無気力な性格で自由奔放なヒナと、なんだかんだヒナにつきあい生活をする新田。

親子ではないのですが、むしろ親子そのもののヒナと新田の二人。

他のキャラクターもどこか哀愁があって面白いです。

特効服を着て街中の缶を拾いあさるアンズ、

出来すぎるがゆえに大人の思惑に振り回されてしまう瞳(ひとみ)。

アニメの公式PVです。(クリックで音声が再生されます。)

アニメはギャクばかりですが、どこかそれぞれに不憫を抱えていて、

堅気ではない新田がいちばん人としてまともにみえるアニメです。

カオスなギャクの世界でほろっとする内容もあってそのバランスが絶妙です。

ヒナと新田の親子のような生活が面白い作品でした。

ヒナのように邪気の少ない子供は手がかかったとしても、日常に存在すれば楽しいのかもしれません。

ぼーっとしているようで色々とヒナなりに考えて生きていて、その思考回路も面白いです。

打算があってもなんだか許せる。

一方で、良く出来すぎたアンズは苦労人です。

瞳もそうですが、このアニメでは世間で言われるまともに近い性格ほど割を食っているのもなんだか世の摂理を描いているようで面白いです。

「第一話:超能力少女現る!」(Amazonプライム・ビデオ) 

 

スポンサーリンク

②ゾンビランドサガ

タイトルのとおり、佐賀県が舞台の作品「ゾンビランドサガ」

アイドルを目指していた高校生、さくら、

登校のある朝、家を出た瞬間に軽トラにひかれて…

こう書くと重そうな展開ですが、内容はギャク満載です。

アニメのキャッチコピーが「私たち、生きたい。」

アニメの公式PVです。(クリックで音声が再生されます。)

ゾンビであることを隠してアイドル活動をするフランシュシュのアイドル活動を描くアニメです。

登場するアイドルたちは個性があって問題児で、各キャラの背景もぶっ飛んでいて面白いです。

さくらをのぞいて、それぞれに伝説の・・・とキャッチコピーがあるアイドルたち。

さくらの過去はいったい…とストーリーも気になるアニメでした。(続編の二期が2020年秋に放送予定です。)

主人公のさくらがいちばんまともなのかなと観ていて感じました。

アニメの主人公は、周りのキャラと比べてしまうとキャラが薄くなってしまうのはよくあることなのかもしれません。

それだけ他のキャラクターの個性が際立つ、楽しいアニメでした。

いったい彼女らはなぜゾンビになったのか!?

笑いの中にも気になるストーリー展開があるアニメです。

好きなシーンは、第2話のラップバトルでした。

ラップの歌詞もとても素晴らしいです。

「第一話:グッドモーニング SAGA」(Amazonプライム・ビデオ)

 

スポンサーリンク

③プリパラ

2014年7月~放送していた女児向けアニメ「プリパラ」

3rdシーズン、全140話と長いシリーズになります。

女児向けアニメとあなどってはいけないギャクと狂気が満載の内容でした。

アニメの公式PVです。(クリックで音声が再生されます。)

「神アイドル」を目指して日々奮闘する、らぁら達、各アイドル。

登場人物みな、あまりにもまともではない個性満載で、内容はオマージュがあったりとカオスでした。

所々ぶっこんでくるギャクの意味も幼児ではなくお父さん、お母さんじゃないとわからないのではないか、むしろ子供がみて意味を理解して笑えるのか!?

一緒にみている親世代を意識していそうな…

夕方の子供時間帯に放送するアニメと考えると、少し頭を抱えてしまう内容かもしれません。

ですがそれが面白い作品です。

このアニメを観て、個性の大切さを知った子供の未来は明るいのかもしれません。

アニメで出てくるたくさんの楽曲も素晴らしいです。

「HAPPYぱLUCKY」が好きでした。

毎日がしんどすぎた時は、プリパラが放送される日だけが生きがいだったかもしれません・・・!

アイドル始めちゃいました!(第1話:Amazonプライム・ビデオ)

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

選んだものは、なんとなくですが、疲れきってしまって、もう深いところまで考えられない、もう頭を使いたくない。

そんな時は、カオスでシュールで狂っているギャクアニメをみてみたら、もしかしたら悩んでいることがバカバカしいと一瞬でも思うことができるかもしれません。

バカバカしい中にも、しんみり良い話しが散らばっていたりします。

とにかくなにも考えずにぼーっとみているだけで少しは良くなったりしそうなアニメを選んでみました。

番外 ④てーきゅう

アニメの1シーズンがあまりにも長くてみる心の体力がないなら、「てーきゅう」もおすすめです。

最初に選んだ3つのアニメより、カオスということなら、一番カオスなアニメかもしれません。

話の続きはなく1話で完結です。

てーきゅう、庭球、テニス部の話しですが部活のテニスはほぼ関係なく話しが進みます。

2012年からはじまり、現時点(2019年)で第9期までと長い作品です。

1話の放送時間も2分ぐらいのショートアニメでおすすめです。

公式PVです。(クリックで音声が再生されます。)

第1面~第12面 第1面「先輩と一期一会」~第12面「先輩とシックスセンス」(最終回) (Amazonプライム・ビデオ)

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

5mail

  5mail

  5mail

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください